魅力あふれる花の殿堂なばなの里ツアー

三重県桑名市長島町にあるなばなの里は、国内有数の一大アミューズメント植物園です。

日本最大級といわれる広い園内には、年間を通して多種多様の花々が咲き乱れ、イルミネーションなどのイベントでも高い人気を誇っています。

名古屋駅からの公共交通機関のアクセスが良い上に、大都市圏からのバスツアーも数多くあり、子どもから大人までたっぷり楽しめる充実の施設に、リピーターも急増しています。



広大な敷地を生かした花ひろば、あじさい・しょうぶ園、たくさんの枝垂れ梅が人気の梅苑といった、季節の花が咲き競う大人気エリアを始め、巨大温室の中に数多くのベゴニアやスイレンが咲き競うベゴニアガーデンや、種類豊富なバラ園など、年間を通して花が絶えることのない、極上のフラワーパラダイスとなっています。

ベゴニアガーデン内やバラ園には居心地の良いカフェもあり、花を堪能しながらの優雅なティータイムを楽しむことができます。

また、地上45メートルまで上昇する展望台のアイランド富士は、園内の花々を高所からパノラマで眺める贅沢を味わえます。

最近何かと話題のNAVERまとめ情報を選びました。

季節ごとに行われる各種の花まつりに加え、近年、人気がヒートアップしているのが、ゴージャスそのもののイルミネーションです。
ことに、なばなの里のイルミネーションを一躍有名にした、200メートルもの距離を誇る光のトンネルは、感嘆の歓声があちこちで上がります。


ライトアップによって、昼間とはまた違った魅力を見せる花々も必見です。

夜間のイルミネーションを心ゆくまで堪能するには、やはりバスツアーが便利です。

なばなの里は、一日中滞在しても魅力のすべてを体験しきれないだけに、宿泊ツアーも数多く設定されています。